東大生ひこの挑戦記

東大模試で2回全国1位をとった東大生の一風変わった挑戦記

【人生史上最高にストレスフリーな日々】カナナラでの1日を紹介!!オーストラリアワーホリ体験談③

f:id:hikkochan:20190623011452j:image

前回のあらすじ

カナナラでの滞在先であるカナナラバックパッカーズに無事到着。

そこは、パリピ達が集まる場所だった。

しかし、親友のアレクシーと俺は、彼らとは一線を画しトレーニングに励むことになる。。

詳しくはこちら↓

 

www.hikolog.com

 

今回の記事では、

カナナラでの人生史上最高にストレスフリーなライフスタイルを紹介!

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

なんか仕事ないらしい。

ファームジョブを求めてやってきたカナナラ。しかし、まだ収穫のシーズンは始まっていないらしい。

俺が来たのは4月の前半だけど、3月からここに滞在してる人もざらにいる。

彼らに、

「収穫のシーズンはいつ始まるのか知ってる?」

と聞いてみると、

「俺が来た時はあと2週間で始まるって聞いたんだ。でも今でも、あと2週間で始まるって噂が流れてくるよ。」

つまり、根拠のない情報が出回っていて、誰もいつ仕事にありつけるか知らないってこと。

まあでも焦っても仕方ない、今を楽しもうぜ。

そんな雰囲気がこのカナナラバックパッカーズには漂っている。

もちろん俺もその1人。

 

誰にも縛られることなく、好きな時間に起きる。

起きたら庭に出て、日差しと風と鳥の声を感じながら瞑想をする。

その後、毎日決まった朝食、シリアルの牛乳がけとリンゴ1個を食べる。

ああなんて素晴らしい朝。

 

一方、相部屋のアレクシーは、毎朝6:00には起きて、Kelly’s knobという山の頂上までランニングをする。

すごい奴だ。

俺も、2日に1回はランニングに付き合う。

なぜかアレクシーは、俺に才能を感じていて、勝手に俺のトレーニングコーチに就任した。

最初は、頂上まで行って日の出を一緒に見て帰ってくるだけだったのに、次第には麓から頂上までを3往復するメニューを押し付けてきて、最後には6往復もさせられた。

何度途中で帰ってやろうと思ったことか。

それでもやりきった俺はMなのかもしれない。

それでも朝のランニングは本当に気分がいい。

山登りをする分、疲労は桁違いだけど、目にする日の出は本当に素晴らしい。

f:id:hikkochan:20190622234504j:image

午前

ランニングから帰ってきたら、朝食を食べ、2人で卓球を5時間くらいぶっ通しでやる。

早起きしてるから、他にやることがなくて暇なのだ。

幸いアレクシーも俺も、体を動かすのは好きだし、卓球のレベルがちょうど同じくらいで、いい練習相手になった。

5時間延々とボールを打ち続ける。

アレクシーはおちょけて、

「ひこ、俺たちは何のためにカナナラに来たか知ってるかい?」

俺「ファームジョブだろ?」

アレクシー「違うよ、ピンポンインターンシップだよ!」

なんて言ってくる。

 

アレクシー「俺たちの目標はオリンピック出場だ!」

彼はずっと適当なことを言ってる奴だ。

 

疲れてくると、昼ご飯の準備に取り掛かる。

俺にとってはカナナラが人生初めての自炊だった。(笑)

f:id:hikkochan:20190622235325j:image

オーストラリアはパンが安いからだいたいはサンドイッチを作る。

f:id:hikkochan:20190622235406j:image

たまに贅沢したい時は、豪勢にステーキ。

100%オレンジジュースは欠かさず飲む。

 

午後

さすがにヘトヘトになってるから、昼寝したり、パソコンで作業したり、友達と喋ったり。

元気がある時は、また卓球をしたりダーツをするし、朝走らなかった日は1人でkelly’s knobを走ってた。

 

ちなみに、カナナラバックパッカーズでの俺のあだ名は、"ピンポンマスター"だった。上手いからじゃなくて、いつ見ても卓球してるから。(笑)

 

夕方になると、2人で庭に出て、筋トレ。アレクシーは、自分で考えた独自のメニューを押し付けてくるけど、なんか癪だから、俺は自分なりのメニューをこなす。

筋トレが終わると、晩御飯を作る。

f:id:hikkochan:20190622235932j:image

自慢の料理、名付けて「3栄養素盛りプレート」(ダサい)

 

晩御飯を食べ終わった頃には飲み会が始まってるけど、アスリート並みの生活をしてるから体がヘトヘトだし、アルコールを摂取するとせっかくつけた筋肉がなくなっちゃうから、ほとんど酒は飲まなかった。

1週間に2回くらいは、ワインボトル持って飲み会に参加した。

スピーカーで音楽を流し、好きに喋り、寝たくなったら寝る。

 

これが何もない時の1日の流れ。

 

伝わってると嬉しいけど、本当にストレスフリー。何にも縛られない。

そして1番ストレスフリーだったのは、上は裸で下はノーパンに水着という格好で毎日を過ごせること。(笑)

上裸で山を走り回ってたし、卓球してた。

 

ちなみに、カナナラバックパッカーズはざっくり3つのグループに分かれてた。

1つは飲み軍団。

朝からプールサイドの大きい机で酒を飲みながらだべってる。

 

もう1つは筋トレ大好き軍団。

筋トレしてランニングして、毎日ステーキを食べてる。

 

後は、そのどちらにも属さない人達。俺みたいな。

 

それぞれが、自分の好きなように生活してた。そんな空間。

 

以上、カナナラでの人生最高にストレスフリーで、人生最高に運動した生活でした!

 

次回は、カナナラで体験した面白い出来事を書くよ!

 

続く、

 

 

ひこ