東大生ひこの挑戦記

東大模試で2回全国1位をとった東大生の一風変わった挑戦記

【月4万でジム・プール付き高層マンション!?オーストラリアで家探し】オーストラリアワーホリ体験談➆

f:id:hikkochan:20190703164352j:image

前回のあらすじ

3週間滞在したカナナラを離れ、海を求めてゴールドコーストにやって来た。

(詳しくはこちら↓)

 

www.hikolog.com

今回は、家探し!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

インスペクションをする。

ゴールドコーストに到着した日は、1泊2000円ほどのバックパッカーに泊まった。

リアルタイムでは東南アジアを旅していて、一泊300円〜500円ほどで泊まれているから、先進国は本当に物価が高い。

 

背水の陣を敷いてバックパッカーは1泊しかとってないから、1日で家を見つけなくちゃいけない。(今思えばこんなに焦らず、当分の間はバッパー暮らしで良かった。泣)

オーストラリアで家を決めるまでの流れは下記のようになる。

 

・webサイトで良さげな物件を何個かリストアップ

 

・オーナーにメッセージを送り、インスペクション(家の見学)のアポイントをとる

 

・インスペを終え気に入ったら契約をする

 

物件を探すwebサイトはいくつかあるけど、

外国人と一緒に住みたいなら”gumtree"

日本人と住むのでいいよって人は”日豪プレス”

を使うことになると思う。

俺は、外国人と住みたかったからgumtreeを使って探したけど、家賃が高くて内装もいまいちな物件しか出てこなかった。(時期が悪かったのかな。。)

それで仕方なく日豪プレスを使って物件を絞り込んだ。

日豪プレスには、家賃が安く内装も綺麗な物件が多かった。

 

家賃や条件はあらかたwebサイトに載っているから、

インスペでは、その部屋の実際の雰囲気、綺麗さ、他の住人について、光熱費などは家賃に含まれるか、

など細かいところを見て聞いていく。

 

俺の場合は二つの物件に絞っていたから、昼に一軒、夜に一軒、インスペのアポイントはとってある。

 

1軒目:退廃的な家

昼にインスペに行った家は、ブロードビーチにあった。

ブロードビーチは、ゴールドコーストの中心地であるサーファーズパラダイスの南に位置し、中心部からは少し離れている場所。

約束した時間に家の前で待っていると、長髪の日本人の方が現れた。

この方がオーナーらしい。

中を見学させてもらうと、生活感満載(ちょっと汚い)で、シーシャやタバコの吸い殻が置いてある。

今は、このオーナーさんと2人の外国人の三人で住んでいるらしいのだけど、この2人の外国人がカップルらしいのがマイナスポイント。。

気まずいもん。

 

この家でも全然良かったけど、次には本命のインスペが控えていたから、返事は待ってもらった。

何しろ次の本命の家は、高層マンションの11階でジム・プール付き、それなのに家賃は月4万という代物。

う、うまい話すぎる、!

 

過度に期待しないよう気をつけながら、次の家へと向かった。

2軒目:大本命、高層マンション

二軒目の部屋は、ゴールドコーストの中心部であるサーファーズパラダイスに位置している。

オーナーは、みやぞんに激似の中国人。

 

早速部屋に連れて行ってもらうと、、

いや2階やん!

いきなりの拍子抜けだけど、ちゃんとジム・プールは付いている。

 

この部屋には現在6人が住んでいて、そのうちの1人が2週間後に出て行くから、入れ替わりで俺が入居するということらしい。

じゃあそれまではどうすればいいんだという話になると、代わりの部屋を用意するという。

 

そうして連れて行かれたのは、

また別のマンションの5階。

いや、11階はどこいってん!

しかもこのマンション、地下・1階・2階の3フロアにSHOOTERSという老舗ナイトクラブが入っている。

パリピマンションやん!(実際はそんなことありませんでした)

俺はパリピに縁があるのかな、それともオーストラリアはパリピの国なのかな。

(下記参照↓)

 

www.hikolog.com

www.hikolog.com

 

 

入居していたのは俺を除いて5人で、平均年齢は20代前半と若め。

このマンションにもちゃんとジム・プールが付いていて、家賃は月4万!

 

サイトの情報とちょくちょく違うし、オーナーもクセのある人物だったけど、

部屋はある程度綺麗だし、こんないい条件の物件はなかなかないから、ここに住むことを即決した。

 

そして早速この日から、ジム・プール付きマンション5階での暮らしが始まった、!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうでしたでしょうか。

 

オーストラリアの家探し。

シェアハウスが一般的で、即日入居もできてスピーディなところが、日本と違って面白いですよね。

 

しかも、この記事では家賃を月単位で書いていますが、オーストラリアでは家賃も給料も週払いです。

 

俺は、到着した翌日に家を決めちゃったけど、バッパーの方が友達を作りやすいので、最初はバッパーに滞在していた方がいいと思います。

俺はその点で後悔したので。

 

そして次回は、最大の難関、仕事探し!!

本当にしんどかったなあ。。

 

続く、

 

ひこ