東大生ひこの挑戦記

東大模試で2回全国1位をとった東大生の一風変わった挑戦記

【ドタバタ】たった1ヶ月でオーストラリアでのワーホリ準備をした体験談!!

f:id:hikkochan:20190616024222j:image

前回のあらすじ

 

高野山で、師匠の勧めでオーストラリアにワーホリしに行くことを決意。

 

なんでも仕事を紹介してくれるらしい。

目的地は、カナナラ

 

聞いたことない。。

何でも、欧米バックパッカーが集まる、知る人ぞ知るドープな町らしい。

 

決意したのは3/10。

出発は4月前半が目標。

 

1ヶ月を切っている!!

 

今回は、1ヶ月で出発までこぎつけた、ワーホリ準備の体験談!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次

 

1,ワーホリとは

ワーホリとは、ワーキングホリデーの略称で、その名の通り、

「異国で働きながら余暇を楽しむこと」です。

 

「ワーキングホリデービザ」を取得すると、1年間の滞在、さらには就労が認められます。

つまり最強のビザです。

 

注意点としては、30歳までしか取得できないこと。

若いうちにやれ!ってことですね。

 

ワーホリはどこの国でもできる訳ではなく、日本と協定を結んだ国でしかできません。

 

日本とワーキングホリデーの協定を結んでいる国は、下記のリンクから確認できます。

https://www.jawhm.or.jp/country/

 

22ヶ国!!

意外と多いですよね。

 

2,オーストラリアのワーホリビザ申請!

 

Googleで「オーストラリア ワーホリ」

と検索してみると、

 

少なくとも半年前から準備を始めましょう!

 

などと、不安を煽ることばかり書いてある。

 

こちとら、1ヶ月もないんだよ!

 

 

最優先事項は、

ワーホリビザの取得

 

Google

「オーストラリア ワーホリ 申請」

などと検索すると完璧なサイトが出てくるので、ここでは申請の仕方は詳しく書きません。

 

まずは、immiaccount なるものを取得する必要があるらしい。

 

早速そのサイトに移動し、必要事項を記入していく。

 

 

問題①パスポート番号知らん!!

 

しかし、ここで問題が。

 

パスポート番号必要やん。(そりゃそうだ)

 

オーストラリアに行くことになるなんて想像だにしてなかったから、

パスポートは

東京の部屋の引き出しの中。

 

このままでは、3/27に下山して東京に帰るまで、ビザを申請できない!

 

師匠に相談すると、

「パスポート番号くらい覚えてるやろ」

 え、そうなの。

 

親に

「俺のパスポート番号知らん?」

とメッセージを送っても、

「知らん」

とのこと。

 

万事休す。

 

だが1つだけ方法があった。

俺は寮に住んでるので、

「寮長さんにマスターキーで部屋に入ってパスポートを探してもらい、写真を送ってもらう」

という方法だ。

 

でも俺はこの方法を選びたくなかった。

 

パスポートはおそらく机の右側の引き出しに入っている。

そして、机の左側の引き出しには、

童貞なのにノリでAmazonで頼んだらミスって大量に来た、36+おまけとして高級なやつ1個の、計37個のコンドームがパンパンに詰まっている。

 

寮長さんにこれは見られたくない。

とんでもないヤリチンだと思われてしまう。(童貞なのに)

 

しかし頼めばバレる可能性が大いにある。

まさに諸刃の剣。

 

頭を抱えながら数日を過ごした。

 

その間にビザ申請から発行までの期間を調べてみると、2日〜2ヶ月とのこと。

 

いや、振れ幅でかいな!

 

唯一の希望は

「師匠は1日で発行された」

ことだが、俺にも当てはまるかは分からない。

 

恥、か、オーストラリア行き、どちらを選ぶか。

もちろんオーストラリアだ!

 

意を決して寮に電話する。

 

ひこ「もしもし、ひこです。寮長さんいますか?」

 

寮長さん「今代わったけど、どうしたの?」

 

ひこ「実は、かくかくしかじかで、俺の部屋入ってパスポートを探して欲しいんです!

机の向かって右側の引き出しに入ってると思います!右側です!

見つけたらLINEでパスポート番号の写真を送って下さい!」

 

寮長さん「いいよー。」

 

10分ほど待つと、寮長さんからLINE通話が。

 

寮長さん「ゴムめっちゃ出てきてびっくりしたよ。(笑)

ひこくんやっぱ面白いね笑笑。

ちなみにこの寮、女性の立ち入り禁止だからね。連れ込んでないよね?」

 

めっちゃ笑ってるやん。

てかあっさりバレた。。

 

ひこ「連れ込んでないです!!」

 

 

ひこ「そんなことより、パスポートは見つかりましたか!?」

 

寮長さん「見つかったよー。今写真送るね。」

 

よし、1つ傷を負ったが、無事に収穫は得た。

 問題➁パスポート更新しなあかん!!

 

しかし、またもや問題が。

 

パスポートの有効期限が1ヶ月を切っている。

 

申請するには、半年以上残っていないといけないから、パスポートを更新しなければならない。

 

急いでGoogleでパスポートの更新方法を調べる。

 

実家のある奈良県で申請しなければならず、しかも申請してから1週間かかるらしい。

 

ここで諦めてたまるか。

 

休みをもらって一時下山し、申請を済ます。

 

1週間後以降に取りに来るように言われたので、

高野山での仕事が終わる3/27に、

実家に戻る途中に取りに行き無事ゲットした。

 

ついにワーホリビザ申請

 

4月前半にはオーストラリアに行きたいのに、もう3/27だ。

半ば絶望しながら、申請ボタンを押す。

 

※2019年4月後半に制度が変更され、銀行の預金残高の書類提出が義務になったとのこと。ふー、危ない。

 

その2秒後、

オーストラリアの移民局から

一通のメールが届いた。

 

あー、申請完了を知らせる自動送信メールか。

 

そう思いながらも一応のぞいてみると、

 

ビザ添付されてるやないかい!!!

 

10回以上確認する。本物だ。

 

ここに、申請後2秒でビザを獲得した男が誕生した。

 

悪いことの後には良いことが起きるんだなあ(しみじみ)。

 

3,ビザ申請後

ビザの申請でめちゃくちゃ疲れたから、ほとんど何もしてない。(笑)

 

やったことは、

 

1,オーストラリアの現地口座をオンラインで作成する

 俺はANZ銀行を選んだ。日本にいる間に口座を作っておくと、オーストラリアについてからの手続きが楽になる。

2,航空券を取る

 4/3~4/4のオリ合宿中に、4/9出発の航空券を取った。

3,現地で日本口座からお金を引き出す方法を確認する(出国当日)

  持っていた三菱UFJ銀行のクレジットで引き出すつもりだったが、当日の朝、気になって銀行に電話してみたところ、安定した収入がない場合は使えないとのこと。

 

 この問題は、デビットカードなら海外でも引き出せるため解決したが、

なんと海外でカードを使うには、銀行に海外へ行く旨を伝えなければならないらしい。

急いで用紙を記入し空港へ行く途中にポストへ投函。(笑)

 

 

持ち物は、いくつかの世界一周バックパッカーのブログを参考に用意し、

速乾タオル・南京錠だけamazonで購入し、他は部屋にあったものを出国前日に詰め込んだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ビザ申請日からカウントすると、

約2週間でワーホリ準備を終わらせた体験談でした。

 

笑いと役立つ情報をミックスしたら、分量がえげつなくなってしまいましたが、最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。

 

これからオーストラリアにワーホリ行く! という方で、

持ち物や事前準備に関してもっと詳しく知りたい!

という方がいらっしゃれば、DMで気軽に質問してください。

誠心誠意答えさせていただきます。

 

 

高野山編がまだ残っていますが、

 

無職ホームレスから始まる、

謎の町”カナナラ”でのワーホリ編もお楽しみに🙌

 

読者登録はこちらから⏬

 

 続く、

 

 

ひこ