東大生ひこの挑戦記

東大模試で2回全国1位をとった東大生の一風変わった挑戦記

【インターンしてる大学生は偉いって風潮あるけどどうなの!?】一回生からインターンを始めた東大生が語る!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 文系大学生へ
にほんブログ村

f:id:hikkochan:20190608140205j:imageこんにちは、いい作業場所を見つけてホクホクしてるひこです。(↑これ(^^)

 

突然ですが、

インターンしてる大学生は偉い

って風潮ありますよね!?

 

僕はそう感じます。

今回は、1回生の6月からベンチャーで長期インターンを始めた僕が、インターンのリアルを綴ります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

きっかけ

 

インターンに踏み出したきっかけは、

5月に高時給のバイトに落ちたことでした。

 

「大学では行動しまくって何か成し遂げてやるぞ!」

と息巻いていた俺。

 

でも、サークルなど大学特有の楽しさを味わっているうち、いつしか俺の野心は心の底に沈んでいました。

 

そんな中、先輩が時給3000円のバイトを紹介してくれました。

余裕しゃくしゃくで面接を受けると、まさかの一次面接で不合格に。

 

その時、ハッと我に返りました。

「小金稼いで遊ぶために大学まで来たんじゃない。お金じゃなく成長を求めなあかん!」

 

そうして、成長=インターン、という風潮に乗ってインターンを始めました。

 

 

探し方

 

といっても、どうすればインターンを始められるのか全く分からなかったので、インターンをしていた先輩に

インターンを始めたいです!」とメッセージを送りました。

 

その先輩から紹介されたのが、wantedly というサイトでした。

 

このサイトでは、様々な企業がインターンの募集をしています。

気に入ったものがあれば気軽にメッセージを送ることができ、さらにそのまま、気軽にオフィス訪問ができます。

僕の場合は、

社長さんと2人でお昼ご飯を食べ、それが面接の代わりでした。(笑)

 

このwantedly、おそらく

日本最大級のインターン求人サイトなので、求人の数が多すぎてどれに応募したらいいか分からなくなります。

 

だから自分なりの判断基準を持つのが大事。

 

僕の場合は、業界や職種にはこだわりが無かったので、

「大きい目標を掲げている会社」

を基準として、3,4社にアポを取りました。

 

 

"1回生"というだけで褒められまくり

 

特に何のスキルも何の実績もなかった俺なのに、"1年生"というだけでウハウハでした。

 

「1年生なのにインターンか!すごいなぁ!」

 

「1年生からインターン始めたら就活無双できるよ」

 

何度このようなセリフを聞いたことか笑

 

ちなみに、”1回生だからインターン先が見つかった”というわけではありません。

今の時代、人手不足なのでいくらでもインターン先は見つけられます。(笑)

 

 

渋谷のベンチャー企業での日々

 

最終的に、渋谷近くのベンチャー企業インターンをすることにしました。

 

俺は新規事業担当で、インターン同期のK君と2人で自由にやらせてもらえるという贅沢な環境。

 

ちなみにK君は、親が外交官で小さい頃から海外を転々とし、現在はカナダで1番の大学に通い、夏休みで日本に帰省したタイミングでインターンをしているという高スペックな男でした。

 

最初の仕事は、

新規事業のwebサイトを作ること

俺が入った頃にはk君があらかた完成させていたので、より見やすくなるよういじったり、スマホ画面でもきれいに表示されるようにしたり、といった作業でした。

 

他には、

②営業のアポイントメールを送りまくる

 

ビジネスの場面でのGmailの書き方から教えてもらいました。

 

Facebookマーケティング

 

新規事業はヨーロッパの国々をターゲットとしていたため、広告媒体としてFacebook を採用しました。

ビジネスアカウントを作り、広告を流す。

毎日リーチ数やアクセス数を眺め仮説を立て、文章をちょっと変えてみたり写真を変えてみたり。

 

④社長と一緒に営業に行く

 

社長さんと密にお話できるのは、ベンチャーの特徴ですね。

 

➄原宿にいる奇抜な人を対象にインタビューしに行く

 

これは意味分かんないです。(笑)

 K君の面白い発想です。

K君が、新規事業のwebサイトに人を集めるためにコラムを書こうと提案し、2人で原宿に行ってきました。

面白かったのでこの日の出来事は別記事で書きます。(笑)

 

 

 

サークルとバイトを掛け持ちのため週2回しか入れなかったし、結局インターンは6月〜8月までしかしなかったので仕事内容は少ないです。

 

 

インターンの期間が短いのには訳があって、なんと社長さんが

「将来起業したいなら今起業したら?」

と勧めてくれ、9月から起業に奔走することになったのです😱

 

この時の体験はまた別記事であげます!

 

 

 

どうでしたか??

 

インターンがどんなものか、少しでもイメージできるようになりましたか?

 

今回は、インターン先を探すところから仕事内容まで、

俺の体験をフラットに書くことを意識しました。

 

インターンって漠然としてるけど、1つの体験談として参考になったらいいなと思います。

 

俺はインターンの紹介業をしようとした時期があり

10社以上の企業にインターンについてのインタビューをしてきたのでインターンについては詳しいつもりです。

 

次の記事では、

 

インターン先をどう探したらいい!?

 

結局インターンってするべきなの!?

 

といったところを真面目に分析して書こうと思います。

 

 

ここまで、だいぶ長くなりましたが、読んでくださり本当にありがとうございました!

これからもよろしくお願いいたします!

 

 

 

ひこ